離婚問題:離婚に関する悩み相談が増えています(予約制です)

核家族制度の悪いところは、夫婦問題や家族問題が潜在化してしまいます

 なかなか家庭内で起きた問題は助けを求めようとしないところに問題があります。また、問題が起きてから信頼できる相談先を探せないこともあります。
 家庭生活では、問題が起きないことなどは考えられないことです。その時、どのような対応をするかを事前に考えて起きましょう。特に離婚問題は夫婦だけの問題ではありません。お子さのいるご夫婦は、親以上に親の離婚を子どもは悲しんでいます。そして、親が離婚するのは「僕がいい子ではなかったのでは?」といった自分を責めることもあります。このようなことにならないうちに夫婦関係がうまくいかなくなったら早めにご相談下さい。
最近、このような問題で相談される方が増えています。
・夫のDV:最近増える傾向にまります。
・不倫
・怠業
・アルコール依存症
・ギャンブル依存症
* 夫婦関係の修復相談は早めにお二人でご相談下さい。
 一人での相談も大歓迎です。お気軽にお問い合わせ下さい。

離婚問題の悩みが生じた時はこれからはズームが活躍します

 これからのカウンセリングはズームを使って全国から相談を受けます。ズームは実際に会っているのと同じ臨場感があり、相談もスムーズにお互いの顔を見て行う事ができます。このような文明の力を活用しない手はあえいません。
 どうぞ、全国どこからでもご相談下さい。相談員:遠藤 壽彦(臨床心理士、元家庭裁判所調停員)